業者から借りて使用する方法

レンタルする際の注意点

解約する際に発生する金額

1度契約を交わしたら、レンタルする期間が過ぎるまで解約できなくなります。
ですから本当に必要な事務用品を選択してください。
最初に借りた事務用品が使いにくいから、変更したいと言っても無駄です。
期間が過ぎるまでは、その事務用品を使い続けなければいけません。
どうしても解約したくなったら、方法はただ1つ違約金を支払うことです。

違約金は高額なので、解約しないように事務用品をレンタルしましょう。
そのため、事務用品の使用方法まできちんと把握してください。
コピー機などの機械は、特に扱いが苦手な人が多いです。
心配なら、基本的な機能だけ搭載されている製品を選択しましょう。
シンプルな操作ができるものであれば、誰でも扱えます。

丁寧に事務用品を使おう

レンタルしているものなので、いずれ返さなければいけません。
その時に大きな汚れがあったり、破損している部分があれば修理代金を請求されます。
無駄な出費を抑えるために、丁寧に事務用品を使ってください。
毎日使用するものでも、大切に扱っていれば汚れたり壊れたりすることはありません。

自分だけでなく、社員全員が意識することが重要です。
誰か1人でも雑に扱っていると、事務用品は壊れます。
デリケートな事務用品もあるので、大切に使うことを指導してください。
また万が一壊してしまった場合は隠さないで、すぐ業者に伝えてください。
隠したまま返却すると、こちらの心証が悪くなります。
もう事務用品を貸してもらえなくなるかもしれません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る